放課後子どもプラン 期待される地域の人々の参画

平成19年度に、文部科学省と厚生労働省の連携・協力の下で、「放課後子どもプラン」は創設された。地域社会の中で放課後や夏休みなどの長期休暇時に子どもたちの安全で健やかな居場所づくりを推進し、総合的な放課後児童対策として実施するものだ。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。