通学路の事故ゼロに スクールガード・リーダーに期待

集団登校中の小学生の列に、自動車が突っ込む事故が、4月23日朝、京都市亀岡市で起き、4日後の27日朝には、千葉県館山市と愛知県岡崎市で相次いで起きた。いずれも多くの死傷者を出すという痛ましい事件で、通学路の安全点検はもとより、集団登校のあり方が問われる事件として、マスコミにも大々的に報じられた。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。