問題行動等への対応 若手の指導力向上図る校内体制

5月も後半となり、このころから元気のない子、勉強に集中できない子、登校を渋る子など、生徒指導上で気になる状況が目につくようになる。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。