ノーベル賞受賞で考える ポストドクと研究者の悲哀

暗い世情の中、京都大学の山中伸弥教授が今秋、iPS細胞(新型万能細胞)の研究でノーベル医学・生理学賞に輝いた。内外から一大脚光を浴びる時の人、山中教授が、今までグループの研究者たちの研究費や雇用に苦労していたことを聞いて、意外に思った人は少なくないだろう。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。