体罰禁止を大原則に 教師の倫理観と人間愛を

「体罰問題」が政府の最重要課題に取り上げられる異例の事態になった。大阪市立桜宮高校でバスケットボール部主将だった2年生の男子生徒が体罰後に自殺したのを重視したもので、1月24日に開かれた教育再生実行会議の検討課題に、いじめとともに、「体罰問題」が盛り込まれた。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。