学力の向上方策 「無解答率」の減少を

文科省が実施している「確かな学力の育成に係る実践的調査研究」のうち、新学習指導要領の趣旨を踏まえた学力向上等の方策に関する調査研究の推進地域(地区)、推進校である都道府県・市町村教委、学校などの取り組みの成果を発表する平成24年度の「学力向上等の方策に関する調査研究連絡協議会」が2月18日、全国の教育関係者を集めて省内で開かれた。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。