災害に強い学校づくり 津波対策と立地条件が懸案

東日本大震災から丸2年が経過した3月11日、文科省は、学校施設の在り方に関する調査研究協力者会議の下部組織として「災害に強い学校施設づくり検討部会」(部会長・長澤悟東洋大学理工学部教授、委員9人)を立ち上げ、都内でその初会合を開いた。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。