職員会議の意義 「熟議」で共通理解の場に

油布佐和子早稲田大学大学院教職研究科教授が3月14日号の本紙1面連載「明日の教員」で、昨年9月に起きたシカゴでの教員ストに対する教職を目指す学生の反応を取り上げ、わが国の教育現場への問題提起として「教育についての意見をもつ」ことの必要性について述べていた。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。