放射線の健康被害 内部被ばくから子どもを救え

東日本大震災による福島第一原発の過酷な事故から、この3月で2年が経ち、政府は福島県内11市町村の避難指示区域を見直したが、放射線の健康被害の中でも、特に「内部被ばく」対策はどうか。これについて3月11日、東京・日比谷の日本記者クラブで「市民と科学者の内部被曝問題研究会」(理事長・澤田正二名古屋大学名誉教授)の科学者から、幅広い科学的データに基づいて、疑問が提起された。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。