体罰の実態を調査 許さない学校風土の醸成を

文科省は、昨年末に発生した部活動中の体罰による大阪市立桜宮高校生徒の自殺問題を受けて、全国の国公私立の小・中・高校等に指示した体罰実態調査の第2次結果報告を8月9日に行った。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。