高校での観点別評価 先行事例など参考に取り組みを

高校の新教育課程が一部先行実施を経て今年度から年次進行で実施されている。各教科・科目等の指導計画の作成および授業の実施に当たっては、新課程が目指す学力を身に付けさせるとともに、言語活動を通して学力の充実につなげていくことが求められている。中でも思考力、判断力、表現力の育成は、これからの時代や社会において必要とされる課題解決力やコミュニケーション能力の基盤に当たるものと考える。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。