減少する体験活動 生きる力の育成につながる充実を

近年、子どもの体験活動の場や機会の減少が指摘されている。平成25年1月に出された中教審答申「今後の青少年の体験活動の推進について」は、かつて多くの子どもたちは仲間とともに自然の中で遊びながら、あるいは、地域において生活、成長していく過程で、様々な自然体験・社会体験を日常的に重ねて成長する機会に恵まれていた

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。