人事行政状況調査 同僚性の形成に向けた取り組みを

このほど文科省は、平成24年度「公立学校教職員の人事行政状況調査」の結果を発表した。それによると、「教育職員の懲戒処分等の状況」では、懲戒処分を受けた教育職員数は前年度より108人多い968人、その内訳(かっこ内は前年度比)をみると、免職207人(27人増)、停職148人(9人減)、減給247人(59人増)、戒告366人(31人増)であった。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。