教育課程の習得 年齢・履修主義から課程・修得主義へ

平成20年の学習指導要領の改訂に至る過程で、中教審において義務教育の修了段階で身に付けるべき到達目標の在り方が議論されたことがある。結果として、到達目標の内容や示し方について結論が得られず、学習指導要領の形式と内容は従前と同様のものとなった。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。