食物アレルギー対応 急がれる医療機関との連携

約1年前、東京都調布市の小学校で、チーズなどに食物アレルギーのある5年生の女子児童(11)が学校給食を食べた後に死亡した事件は、全国の学校に大きな衝撃を与えた。特に、女児がおかわりを希望した際に、担任の男性教諭(29)が誤ってチーズ入りを提供していたことも判明、教職員一人ひとりが適切に対応すべき問題とされた。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。