全国学力・学習状況調査 どのような結果がよいのか明確に

昨年11月29日に文科省は、平成26年度全国学力・学習状況調査に関する実施要領を発表した。調査の目的は、「義務教育の機会均等とその水準の維持向上の観点から、全国的な児童生徒の学力や学習状況を把握・分析し、教育施策の成果と課題を検証し、その改善を図るとともに、学校における児童生徒への教育指導の充実や学習状況の改善等に役立てる。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。