英語教育の改革論議 いかに子どもの“好きな教科”にするか

文科省は、国を挙げての英語教育改革に取り組むことになった。同省の「英語教育の在り方に関する有識者会議」(座長・吉田研作上智大学教授、11人の委員で構成)が2月26日、省内で第1回会議を開き、同省が昨年12月13日に発表した「グローバル化に対応した英語教育改革実施計画」をもとに議論を交わした。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。