教育改革と教育活動 展開に見合った環境整備を

教育基本法等の関係法令が改正され、教育再生実行会議の矢継ぎ早の提言が法制化されるなど、教育改革は急速に展開している。教育基本法では、教育目標の一つとして主体的に社会の形成に参画する態度の育成を求め、生涯学習の理念を示しているが、これらの理念を具体化する教育活動に取り組むには、学校運営の見直しが必須となる。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。