大震災と原発事故3年 子ども・被災者支援法の充実を

東日本大震災と福島第一原発事故から、3月11日で3年の歳月が過ぎた。大震災の全国避難者は約26万7400人を数え、うち原発の立地する福島県の避難者が半数の13万7300人を占め、大災害の傷跡は政府の復興政策に長い影を落とす。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。