達成度テストの導入 どう具体化していくのか注目

中教審の高大接続特別部会(安西祐一郎部会長)は3月25日、大学の入学者選抜の改善をはじめとする高大接続の在り方について、これまでの議論の方向性を「審議経過報告」にまとめ、公表した。今後、一般からパブリックコメントを求めたあと、今夏前までには、文科大臣に答申する予定だ。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。