特別活動の改善 一層の活性化が期待される

日本特別活動学会からこのほど「特別活動の改善に関する調査報告書」が出された。調査は一昨年8月から9月にかけて、同学会の研究グループが会員と北海道、首都圏、関西、九州などの小・中・高校教員1167人に郵送法で行われた(回収率は平均27.2%、対象者には研究者や教委関係者も含まれている)同種の調査は95年にも行われており、報告書には前回の結果との比較も示されている。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。