小学校の英語教育 横断的に慎重な検討を

平成20年1月17日に出された中教審の答申「幼稚園、小学校、中学校、高等学校及び特別支援学校の学習指導要領の改善について」では、「社会や経済のグローバル化が急速に進展し、異なる文化の共存や持続可能な発展に向けて国際協力が求められるとともに、人材育成面での国際競争も加速していることから、学校教育において、外国語教育を充実することが重要な課題の一つとなっている」という状況が打ち出された。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。