新教育委員会制度 首長の「教育の中立性確保」を

教育委員会制度を抜本的に見直す「改正地方教育行政法」が6月13日の参院本会議で可決・成立して、1カ月が過ぎた。来年4月1日に施行される。この法律の趣旨は、教育の政治的中立性、継続性・安定性を確保しながら地方教育行政における責任の明確化、迅速な危機管理体制の構築、首長との連携の強化を図るとともに、地方に対する国の関与の見直しを図るのが目的だ。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。