スーパー食育スクール 具体的な成果・普及に期待

食育を「生きる上での基本」と位置付け、「さまざまな経験を通じて『食』に関する知識と『食』を選択する力を習得し、健全な食生活を実践することができる人間を育てる」として、教員、学校等の教育関係者に「あらゆる機会、あらゆる場所で積極的に食育を推進する」よう求めた食育基本法の制定と、児童の栄養の指導および管理をつかさどる栄養教諭の創設から10年。学校における食育の状況はどうか。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。