教育の区分設定 変更と意味づけ十分吟味

教育再生実行会議は7月に「今後の学制等の在り方について」第五次提言を行った。
「国は、小学校段階から中学校段階までの教育を一貫して行うことができる小中一貫教育学校(仮称)を制度化し、9年間の中で教育課程の区分を4―3―2や5―4のように弾力的に設定するなど柔軟かつ効果的な教育を行うことができるようにする」

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。