2学期の充実 長期休業中の研修成果生かす

夏休みが明けると学校は、児童生徒の元気な声で活気を取り戻す。児童生徒、教職員にとって夏季休業日は学校生活に対して一つの区切りの時間であり、気分を新たにして新学期を迎えることができる。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。