高校日本史の扱い 3つの視点で検討を

次期学習指導要領の改訂では、高校日本史の扱いが検討課題になることが予想される。その背景には、グローバル化が進む中で、日本人としてのアイデンティティー育成の要請がある。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。