小中連携・一貫教育 全国一律の制度化はなじまず

「小中連携、一貫教育」の制度化論議が現実味を帯びてきた。下村博文文科大臣が7月29日に中教審(安西祐一郎会長)に諮問した「子供の発達や学習者の意欲・能力等に応じた柔軟かつ効果的な教育システムの構築について」で、「小中一貫教育など学校種を超えた指導力の向上方策」が取り上げられた。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。