多様な価値観で道徳教育 一部の反対超えて推進を

下村文科大臣は、月刊誌『文藝春秋』11月号で、道徳教育の重要性を指摘している。「朝日新聞は時代に取り残された」と題する寄稿の中で、これまで、道徳教育が、一部の教職員組合やマスコミの反対などで学校現場に定着してこなかったことに言及し、次のように述べている。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。