学力・学習状況調査 結果の有効活用に注力を

平成26年度全国学力・学習状況調査の結果が8月に公表され、多くのメディアが各自治体の取り組みを報道していたが、特に静岡県の扱いが大きな話題となった。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。