国語世論調査 正しく美しい国語への施策を

言葉や言葉の使い方に対する「社会全体の関心」「社会全体の知識や能力」について「どうなっていると思うか」の問いに、前者で30代~60代の5割以上、後者で、20代~50代の6割以上が「以前より低くなっている」と考えていることが、このほど公表された平成26年度「国語に関する世論調査」(文化庁)で明らかになった。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。