アクティブ・ラーニング 次期学習指導要領の主役に

次期学習指導要領の改訂に向けて、下村文科相から中教審に対し「初等中等教育における教育課程の基準等の在り方について」と題する諮問が行われたのは、本紙で既報の通りである。新しい学習指導要領の枠組みを決定づける極めて重要な諮問であり、その審議経緯については注意深く見守る必要があろう。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。