情報モラル教育を組織的に ネットいじめ・依存に対応を

タブレットPCの導入・活用が進み、学習環境は急速に変化しつつある。スマホやSNSの普及に伴い、子どもたちの生活に、さまざまな影響が出始めている。ネットいじめやネット依存などは生徒指導上の新たな問題となっており、情報教育での取り組み、なかでも情報モラル教育推進の重要性が高まっている。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。