『私たちの道徳』 十分に理解し積極的活用を

現行の学習指導要領では、道徳教育は道徳の時間を要とし、学校の教育活動全体を通じて行うことになっている。法的な手続きが行われれば、道徳の時間は「特別の教科 道徳」として教育課程に位置付けられる。しかし、現状では充実した道徳教育を推進するためには児童生徒一人ひとりが手にしている『私たちの道徳』をいかに活用するかが、当面の課題となる。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。