全国体力・運動能力調査 結果を生かす取り組みを

文科省は「平成26年度全国体力・運動能力、運動習慣等調査結果」を昨年11月に公表している(本紙昨年12月4日号既報)。調査は、昨年4~7月、全国国公私立の小学校と特別支援学校小学部の5年生約109万人、中学校、中等教育学校前期課程、特別支援学校中学部の2年生約105万人を対象に、握力、上体起し、反復横跳び、ボール投げ(小学生はソフトボール、中学生はハンドボール)など8種目の実技調査と質問紙調査を実施。実技は8種目の記録を点数化し、「体力点」(80点満点)として集計した。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。