学力向上の方策 整理して指導の目安を

全国学力・学習状況調査や自治体独自の学力調査が広く実施されるようになり、学力向上に向けた取り組みが活発に行われるようになった。学力調査結果の活用は、自校の結果に示される傾向を分析したり、正答率の低い問題の傾向を検討したり、意識調査の結果と関連づけたりすることによって、平素の教育指導の改善につなげるといった方法で実施されている。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。