若者の職業意識を醸成 ミスマッチの解消に向けて

新規学卒者の離職率は、卒業後3年で大卒者が約3割、高卒者が約4割と、依然として見過ごせない高い水準にある。また就職活動では、若くて経験不足のために適切な職業選択ができないといった課題もある。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。