川崎中1殺害事件に思う 身近な大人の連携による健全育成

誠に残念なことではあるが、13歳の中学生が 18歳の少年によって殺害された事件が起こった。事件は深夜に起きているが、このような時間帯に数人の少年が徘徊している異常な状況は、警察のパトロールをはじめとして誰にも見咎められることはなかったのだろうか。また被害者は顔にあざができるような暴力を受けたり、学校を長期にわたって休んでいたりしていたが、身近な大人や学校関係者は、こうした状況をどのように受け止めていたのだろうか。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。