一貫教育の教育区分 意味と内容を明確にする検討を

昨年12月22日の中教審答申「子供の発達や学習者の意欲・能力等に応じた柔軟かつ効果的な教育システムの構築について」で、小中一貫教育校の制度化について提言され、3月17日には、新たな学校種である「義務教育学校」を一条校に位置付ける学教法改正案が閣議決定された。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。