音楽教育と国際交流 日本音楽の発信力を強めよう

小学校からの英語の必修化、スーパーグローバル大学の指定、東京五輪開催までに外国人旅行者の倍増(2千万人)達成プロジェクトなど、政府はグローバル化時代の適応政策を広げている。日本は概して政府も国民も情報や文化の対外発信力が弱く、欧米からの〝一方通行の受動的文化〟の享受に甘んじてきた。日本への理解を深めるには、情報だけでなく、日本文化の発信力強化が欠かせない。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。