学校・地域との連携 京都方式を参考に教育創生を

次期学習指導要領に向けた改訂論議で注目されることの1つは、学校と地域との関係である。学校が地域と連携し、いかに教育効果を上げるかという課題である。その視点から全国の自治体の動きを見た場合、京都市の取り組みが突出している。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。