総合的な学習の再構築 教育課程でどう自立させるか

総合的な学習の時間は、平成10年改訂の学習指導要領で創設された。その趣旨は「生きる力」が「全人的な力」であることを踏まえ、自ら学び、自ら学ぶ力を育てるのを目標に、横断的・総合的な学習を一層推進できるようにすること。また各学校が地域や児童生徒の実態に応じて内容・方法を工夫できる点などに置かれた。各学校が実際にカリキュラムを編成するとの趣旨だったので、当初は先進例の紹介やカリキュラム編成・開発の考え方や方法など、全国的に活発な取り組みが行われた。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。