主幹教諭の役割 学校マネジメント機能の中核に

中教審は昨年7月の文科相諮問を受け、初中教育分科会内に「チームとしての学校・教職員の在り方に関する作業部会」(主査・小川正人放送大学教養学部教授)を設置。昨年11月からほぼ月1回のペースで、(1)学校が組織全体の総合力を高め、発揮していくための学校運営(2)教員と事務職員、多様な人材との役割分担や連携(3)教員の評価や処遇(4)管理職や主幹教諭、指導教諭、主任などの在り方――などを検討項目に掲げて審議を進めている。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。