27年度全国学力・学習状況調査 どう生かすかが問われる

今年度も、小学校6年生と中学校2年生を対象に全国学力・学習状況調査が4月21日に実施された。平成19年度から始まり、東日本大震災直後の平成23年度を除き毎年行われ、今回で通算8回目。全国の国公私立小・中学校の98・4%に当たる3万388校、222万人あまりの児童生徒が参加、国語と算数・数学のほかに、3年ぶりの理科も悉皆で実施された(本紙4月30日付、5月4日付既報)

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。