デジタル教科書の推進 拙速を避け慎重な検討を

4月に設置された有識者による文科省の「『デジタル教科書』の位置付けに関する検討会議」が、5月12日の初会合を皮切りに、デジタル教科書導入に向けての議論を始めた。会議は、月1回のペースで開催、デジタル教科書の教育効果とそれを踏まえた制度的な位置付けや費用負担の在り方等について検討し、来年中には結論を得たいとしている。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。