70回目の敗戦記念日 戦前生まれの実体験伝承を

戦後生まれの世代が日本の総人口の約8割を占めるようになり、戦後70年を迎える8月15日の敗戦記念日は、歴史上の出来事に変容しつつある。戦争を知らない世代に、昭和の激動期の記憶と教訓を、どのように伝えていくかが問われている。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。