カリキュラム・マネジメント 校長中心に学校全体で構築

次期の新しい学習指導要領は、平成32年度に全面実施される。これに向けて中教審の教育課程部会は、下部組織である教育課程企画特別部会を中心に、「初等中等教育における教育課程の基準等の在り方」をめぐり、精力的に審議を続けている。8月5日には、その方向性を示す「論点整理のイメージ(たたき台)(案)」が示されている。来年度の答申までに、さらに細部にわたる論議が行われる予定だ。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。