社会に開かれた教育課程 成果と有用性の検証から明確に

8月20日に、中教審の教育課程企画特別部会は次期教育課程の基準に関して「論点整理」を取りまとめた。2030年の社会と子どもたちの未来や新学習指導要領等が目指す姿、学習評価の在り方等について記すとともに、各学校段階、各教科等における改訂の具体的な方向性を示した。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。