「中1ギャップ」を解決 小中一貫教育校の実践を参考に

小学校6年生が中学校1年生に進学した際に生じる「中1ギャップ」の解決が、初中教育の大きな課題になっているが、「小中一貫教育」の効果的な導入によって、飛躍的に改善することができた――。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。