授業づくり再考 教職の醍醐味を味わう

明日の授業、明後日の授業を目前に控えると、「授業の流れはこうしてみよう」「教材は新しく工夫したものを用いてみよう」「学習問題は少しアレンジしてみよう」などと、さまざまなアイデアが教師の脳裏をよぎる。授業を目前にして高まってくる「臨場感」、授業をあれこれと構想することが、まさに教職の醍醐味であり、喜びといえる。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。